高知なの? 鹿児島なの? 静岡なの

画像

今日の歩数……4389歩
今朝の血圧……150―92
今夜の血圧……128―74
徳島の友人が、恐竜大好きな男の子を連れて我が家に泊まりに来たのが、先月の28日でした
その友人が、出張で高知へ行って来たそうで、『先日のお礼です』と鰹のタタキを送ってくれました
数年前に高知へ行った時に、市内から桂浜に向かう途中に立ち寄った『藁焼き道場』の鰹のタタキの美味しかったこと
自分で、鰹のタタキを藁焼きの火に炙って作るのです
出来立ての藁焼きのタタキの美味しさに唸りました
プロ野球のスプリングキャンプが、高知に集中していた時期が有りました
高知市内に阪急ブレーブス、春野では西武ライオンズ、安芸には阪神タイガース、宿毛では近鉄バファローズがキャンプを張っていて、スポーツアナウンサーの端っこに居た僕もキャンプ取材に連れて行って貰ったのです
昼間はキャンプの取材をし、夕方に本社ヘレポートを送れば夜は自由です
先輩方に連れられ、高知の海の幸を堪能しましたが、その中でも『鰹のタタキ』の美味しさにビックリした事が忘れられません
年に2回も『旬の時期』があるのが鰹です
ちょうど今頃が『目に青葉 山ホトトギス 初鰹』と詠まれた『初ガツオ』です
一度、北の方まで行って栄養豊富な海域でタップリ餌を食べてから来遊するのが、9月から11月頃に捕れる『戻りガツオ』です
今年の2月の末に行った鹿児島県指宿への旅で、添乗員から『鰹と言えば高知のイメージが有りますが、実は鹿児島が日本一なんです』という説明があり『へえー』と思ったのです
そこで改めて調べてみると、『漁獲量』はダントツで静岡県となっています
次いで東京都、3位は三重県です
4位にやっと高知県で、鹿児島県に至っては10位となっています
アレあの添乗員の話はウソだったのかしら
さらに調べてみると『消費量』の1位は高知県で、2位は宮城県、3位は福島県となっています
アレ
やっぱり鹿児島県が出て来ないでは有りませんか
さらに調べてみると、鹿児島県が1位の項目がやっと見付かりました
それは、『鰹節の生産量』でした
鹿児島県が20347トン、2位の静岡県は6793トンとダントツの1位が鹿児島県でした
添乗員さんは、この事を言っていたのですねぇ
さて、そもそも『鰹のタタキ』は、高知県が発祥と言われています
鰹の消費量は、1世帯あたりの全国平均が973gだそうです
最も消費量が多い高知県では4,509gと、全国平均の4.6倍にもなっています
徳島の友人から戴いた高知の鰹のタタキは、流石『発祥の地』高知の鰹です
藁焼きの鰹で、届いた日が消費期限となっています
天日塩と柚子酢、薬味やニンニク、さらに『土佐の漁師のタタキたれ』までセットになっていました
初ガツオらしい、さっぱり爽やかな味わいで、柚子酢とワサビで食べる鰹のタタキは初めてでした
あぁ~美味しかったぁ

写真は、高知から届いた鰹のタタキ

画像

この記事へのコメント