大都会の真ん中に、憩いのガーデン

画像


今日の歩数……6270歩
今朝の血圧……138―84
今夜の血圧……103―64
昨日も今日も、汗ばむ陽気になっています
JR大阪駅北側の再開発区域で『うめきた2期』の工事が始まるまでの期間限定で営業していた市民参加型の庭園が『うめきたガーデン』でした
大阪を緑と花であふれる街にしようと、平成28年10月に開業して以来、常時50種類12万株の花畑が作られ都会のオアシスとして親しまれていました
季節の花で彩る『フローラルウッドガーデン』や全長13mのメインツリー、2本の滝が流れるメインガーデン、欧州の古い田舎町を再現したガーデン『欧風オールドビレッジ』など見所が一杯でした
また、2017年のチェルシーフラワーショーで金メダルを受賞し国際的な評価も高い庭園デザイナー石原和幸氏の『御所の庭』は流石でしたし、夏には花火のショーも見られました
公募したグリーンサポーターというボランティアが、毎日熱心に花の手入れのお手伝いをしていて、我がパートナーも楽しそうに出掛けていました
花だけではなく、茄子やトマトなどの野菜も作っていましたが、たぶん日本一地価の高い野菜畑ではなかったでしょうか
この3月で終了したのですが、1年半の期間中に延べ31万人が訪れたそうです
今後は、庭園などを残し、一般社団法人『未来教育推進機構』による、出会いと学びの広場『うめきたUMEDAIガーデン』がスタートするのだそうです
うめきたガーデンを継承しながら、新たに『学び』の要素を追加して、人材育成の機能を備えた空間を提供するとの事です
因みに『うめきたUMEDAIガーデン』は、7日午前7時からプレオープンされ、入場料は600円ですが、500円が園内で飲食などに使える金券になっているそうです
という事は、入場料は実質100円ではありませんか
本格オープンは、24日の予定です

最近リニューアルした、阪急三番街の地下やルクアの地下の『フードホール』は、都会住まいの人がターゲットだそうです
かつて、大阪駅は通勤通学で利用する駅で、梅田界隈は遊びに来る街でした
それが今や大阪駅を最寄り駅とする『都会住まい』の人間が増えているのです
確かに、梅田近辺だけでもタワーマンションが林立して人口は急増しています
うめきたUMEDAIガーデンも、そんな都会住まいの人のオアシスになりそうな気がします

写真は、3月18日日終了した『うめきたガーデン』

この記事へのコメント