朝日新聞社って、国内の主な新聞社に入ってないの???

画像

今日の歩数……11539歩
今朝の血圧……137―84
今夜の血圧……138―74
後輩のブログを久し振りに覗いて見ると、ビックリする内容が載っていました
過日の朝日新聞の社説です
記事内の『他人事』に、わざわざ『たにんごと』とルビを振ってあるのです
後輩は、新人の頃に『他人事』『たにんごと』と読んで、某先輩からこっぴどく叱られた~というモノでした
実は僕も新人時代に、後輩と同じ様に『他人事』『たにんごと』と読んでしまい、後輩を叱った先輩とは違う別の先輩に注意された想い出があるのです
ついウッカリ誤読してしまう熟語には『大地震』『だいじしん』、『二人組』『ふたりぐみ』などがあります
他人事は、『ひとごと』
大地震は、『おおじしん』
二人組は、『ににんぐみ』
~が正解です

さて、朝日新聞の社説の間違いルビですが、社説を担当するのは、その社を代表する様な責任の在るベテランの論説委員の筈です
何しろ『社説』は、その新聞社としての立場・意見の表明をし、俗に『新聞の顔』と呼ばれる新聞社にとっては、最も大事な主張記事です
世の中の問題、出来事について『わが社はこう考えます』と、社の意見を述べる場です
社説は、長年記者経験を積んだ論説委員が書くのが一般的です
しかし、ベテランの論説委員でも、人の子~間違いは有るでしょう
でも、大新聞社には、記者が書いた記事に間違いが無いかをチェックする『校正部』又は『校閲部』という、重箱の隅をつつくのが仕事の様な部所が在ります
それとも朝日新聞は、やはり日常的にデタラメ記事が多いという事なのでしょうか
もちろん、日本語は変化して行きます
以前は明らかな誤読だったモノが、時の流れと共に容認され市民権を得るモノも在ります
例えば、『重複』は、本来『ちょうふく』が正解ですが、現在は『じゅうふく』も認められていますし、『早急』『さっきゅう』ですが『そうきゅう』も今はセーフです
しかし、『他人事』は、まだ『たにんごと』の読み方が認められているとは言えないのです
でも僕も、放送現場を離れて既に10年です
もしや僕が知らないだけで、最近になって『たにんごと』も市民権を得たのかも~と調べてみました
NHK放送文化研究所によると、『国内の主な新聞社や通信社は、「ひとごと」または「人ごと」の表記(表現)を認めているだけで、「たにんごと」「他人事」については認めていない』とハッキリ明記しています
と言うことは、NHK的に言えば、朝日新聞社は『国内の主な新聞社』に入っていないと言うことなのでしょうか

写真は、過日の朝日新聞の社説

この記事へのコメント