今夜は『ロマンティシズム』を継承する為に~

画像

今日の歩数……11319歩
今朝の血圧……128―74
今夜の血圧……138―82
今日は『兵庫県立芸術文化センター』で行われた、クラシックコンサートヘ行って来ました
ご主人の海外赴任で、マレーシアのペナン島に住んでいる親戚が一時帰国中で、その帰国中に精力的にコンサートの予定を入れているのです
2人の男の子の子育てをしながら、海外赴任の夫の内助の功、更に音楽家としてコンサートでの演奏や後輩への指導と、大忙しの日々を送っているのを傍で見ていると、そのパワフルさに圧倒されてしまいます
今日のコンサート終わりでマレーシアに帰る為に、明日の朝7時半には関空にいなければならないのだそうです
今夜は、親戚が音楽仲間と2009年に結成した、ピアノ・ヴァイオリン・チェロのトリオ『四次元三重奏団』の記念すべき『第十章』のコンサートでした
これまでに、年に1~2回の定期公演のほか、2度のCD録音や数々のサロンコンサートを重ねて来ました
時々は駆り出されて、モギリや会場の椅子の後片付けなどを手伝っていたのですが、今夜は兵庫県立芸術文化センターのホールですから単なるお客さんです
今回の『第十章』では『ロマンティシズムの継承』として、お互いに尊敬し合い後者の才能を見出して世に紹介していった、シューマン、ブラームス、ドヴォルザークの3人の作品を取り上げ、ロマンティシズムの本質に迫りました

演奏曲は・・・・・・・
 シューマン 幻想小曲集Op.88
 ブラームス ピアノ三重奏曲第2番 Op.87
 ドヴォルザーク ピアノ三重奏曲第3番 Op.65...

ブラームスがデュッセルドルフのシューマンの家を訪れたのは20歳の時、シューマンは43歳でした
そして、ドボルザークが世に出る切っ掛けになった、オーストリア政府の国家奨学金に応募した時の審査員がブラームスでした
それぞれの出会いと、お互いの尊敬の念が無ければ生まれなかった今夜の音楽でした

たまにはクラシックの調べに包まれるのも、ゆったりとした気分になれて良いものです

写真は、写真撮影がOKになったアンコール曲の演奏中

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント