団欒はお断り???

画像

今日の歩数……3223歩
今朝の血圧……138―77
今夜の血圧……110―77
有名ラーメンチェーン『一蘭』の社長や労務担当の社員ら7人が、外国人留学生を違法に働かせたとして、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いなどで書類送検されたそうです
偶然にも滅多に選択肢に入らないラーメン屋さんの『一蘭』に入ってみたのです
この店舗は、以前は饂飩屋さんでしたので、時々利用していました
それが何時の間にか、饂飩からラーメンの一蘭に変わっていたのです
風が冷たく、温かい物が欲しかったので、たまたま通り掛かった一蘭の駐車場に気の迷いで吸い込まれてしまったのでした
中へ入って見ると当然ですが、前の造りとは全く違っていました
饂飩屋の頃は、フロアー全体が見渡せてテーブル席とカウンター席、家族や団体用のお座敷席が在り、店内の左側は厨房になっていて、饂飩の種類をオーダーしてから順番にお盆を持って前に進み、トッピングの天麩羅やオニギリをチョイスして最後に代金を支払うシステムでした
ラーメン店の一蘭は、店内に入っても自動券売機が在るだけで、座席も店員の姿も見えません
取り敢えず、券売機でベーシックなラーメンを買い求め、電光掲示板で空いている席が点滅している場所を探して自分の席を確保します
カウンター席ばかりで、10人ほどが座れるカウンターが6列ほど並んでいるのです
席に座ると、両サイドは衝立で仕切られています
衝立で隣との空間を仕切っているラーメン屋が在ると話には聞いていましたが、それが一蘭だったとは、入って初めて気付きました
食券を買っているので、それを店員さんに渡すだけだと思ったら大間違いでした
まだ、やらなければならない事が有ります
テーブルに1枚の紙が在り、『全項目に○をつけて下さい』と有ります
その項目が『味の濃さ』に始まって『こってり度』『にんにく』『ねぎ』『チャーシュー』『秘伝のタレ』『麺のかたさ』と在り、それぞれの好みに記しを付けて、やっとチャイムを鳴らして店員さんを呼ぶのです
ラーメン初心者の僕は、『味の濃さ』や『こってり度』も『麺のかたさ』も全て無難に『基本』にしておきました
程なくカウンターの奥からテーブルにラーメンが運ばれて来ましたが、ラーメンを置くや否やスダレの様な物を降ろしてカウンターの奥が見えなくなるのです
両サイドは衝立で仕切られ、前はスダレで完全に1人の世界になります
これは、誰にも邪魔されずに『味に集中』との事なのです
久し振りに食べるラーメンは、ストレートの細麺でそれなりに美味しかったのですが、790円を支払った割には量的に満足感がありません
テーブルの箸袋の裏が追加注文の用紙になっていて、『替玉190円』『半替玉130円』と在り、また麺の堅さをチョイスする様になっています
特に好物でも無いラーメンの替玉をすると、1000円近くの出費になるので当然パスです
かと言って、ラーメンの汁を飲み干して空腹感を補うのは危険すぎます
誰かが『ラーメンは健康な時に食べる物だ』と言っていましたが、この汁の濃さからして言い得て妙と言えそうです
また暫くは、ラーメンから遠ざかる事にします
それにしても、この仕切りの衝立とスダレですが、僕には違和感が有りました
1人ならまだしも、家族や友人達と来た時はどうするのでしょう
美味しい物は、大勢で会話を楽しみながら味わうのが至福の時間だと思うのですが、仕切りの衝立が在れば会話もままならないでは有りませんか
一欄は『団欒』を否定しているのかしら
団欒を否定する前に、入管難民法を遵守しなければねぇ(関係ないかぁ

写真は、一蘭の『ひとりカウンター』と注文表

画像

この記事へのコメント