老いるということ……親が老いていくということ

画像

今日の歩数……5910歩
今朝の血圧……132―80
今夜の血圧……129―76
老いるということ
親が老いていくということ
 
それは、何度も同じ話をするということ
何度も同じことを訊いては、あなたを苛々させるということ


親が老いていくということ

それは、自信がなくなるということ
自信がなくなるけど、子どもにだけは強がっていたいということ


親が老いていくということ

それは、歩くのが遅くなるということ
膝や腰が常に痛いということ
低気圧がくるだけで動くのがしんどい日があるということ


親が老いていくということ

それは、食べる量が減るということ 
噛む力が弱まるということ
でも食べたい物を食べさせるのが一番の健康法であるということ


親が老いていくということ

それは、もう生きているのは嫌
早く死にたいと言い出すということ
だけどあなたに迷惑をかけたくない気持ちと裏腹かもしれないこと


親が老いていくということ

それは、トイレが近くなること 
夜中にトイレで起きるということ
尿道も肛門もゆるむから、ふとしたときに漏らすということ


親が老いていくということ

それは、歩行や食事が遅くなったり、トイレに失敗したときでも、子どもにだけは怒鳴られたくない、怒られたくないということ


老いるということ
親が老いていくということ

それは、言葉が咄嗟に出なくなってくるということ
言葉が出なくなっても、心の中に想いはちゃんとあるということ


親が老いていくということ

それは、周囲の友人や愛している人や犬や猫が、徐々にこの世からいなくなって、どんどん不安になるということ


親が老いていくということ

それは、不安である分、あなたのことが気がかりだということ
あなたの電話をまっているということ
声が聴きたいと願うこと


親が老いていくということ

それは、萎(しぼ)んでいくこと 
小さくなっていくということ
小さくなって軽くなって、それでもあなたの親であるということ


親が老いていくということ

それは、お別れの日が少しずつ近づいてきているということ
親がどんなお別れを望んでいるか察してあげること


親が老いていくということ

それは、うとうとする日が多くなってくるということ
この世とあの世の境目が少しずつ曖昧になってくるということ


親が老いていくということ

それは、命の仕舞い方を、あなたに教えてくれているということ
あなたもいつかこうなるのだと
それは最後のプレゼント



『親の「老い」を受け入れる』の著者、長尾和宏医師のポエムより

この記事へのコメント