ここにもインバウンドの影響がぁ~

画像

今日の歩数……3608歩
今朝の血圧……137―97
今夜の血圧……128―77
昨日、松竹座への楽屋見舞いに行った際、約束の時間には早かったのでランチにしました
松竹座の直ぐ近くに、お肉で有名な『はり重』が在ります
1階が精肉売り場で、その上は日本料理店になっていて、国産黒毛和牛のすき焼きやしゃぶしゃぶ・会席料理が有名ですが、僕の懐具合との相性が極めて悪く入った事は一度もありません
もう少しお手軽に楽しめるグリルも在りますが、精肉売り場の隣のカレーショップがカジュアルで、財布との相性も良さそうです
久し振りに入ってみましたが、お昼時はとっくに過ぎているのに沢山のお客さんで賑わっていました
名物はビーフカツカレーとビーフワン(かつ丼)で、僕はビーフワンをオーダーしました
運ばれて来るまでの間、店内を見渡すとお客さんはほとんどが中国人ではありませんか
飛び交う言語は、中国語ばかりです
お支払いの時に『やっぱり外国の方が多いんですねぇ』と言うと、『春節祭もあって中国人ばかりですが、いつもは韓国の人も多いのに、オリンピックがあるからなのか少な目です』との事です
外国人対応として、写真入りの中国語と韓国語、もちろん英語のメニューもスタンバイしているのだそうです
たまに道頓堀を通ると実に国際的で、中国語や韓国語もちろん英語や他の言語などがアチコチから聞こえて来て、『ホントにここは日本なの?』と思うほどです
訪日インバウンド旅行者が2800万人を超えた現在、国産黒毛和牛の専門店にもインバウンドの影響が及んでいると言う現実に、改めて驚いたのです

写真は、はり重カレーショップ

この記事へのコメント