残念ながら逆戻り

画像

今日の歩数……5733歩
今朝の血圧……133―88
今夜の血圧……111―77
実は、母親が火曜日の夕方にベッドから1人で立ち上がり、ふらついて後方に転倒して尻餅をついた後、背中と後頭部を打撲してしまいました
特に腰の痛みが酷いらしく、病院で検査をして貰うことになりました
去年の3月16日に救急搬送された病院から転院した病院で、去年の5月18日から特養に入る7月末まで2ヶ月半を過ごした病院です
最初はMRI検査とCT検査をして、水分補給の為の点滴治療をして帰る予定でした
ところが、MRI検査を始めて暫くすると主治医から呼び出しがありました
説明によると『全部のMRI検査は終わっていませんが、検査技師からの連絡で腰椎の圧迫骨折が酷いとの事で、入院していただきます』と言うのです
ショックです
母親が転倒した日は、僕が体調不良で特養への面会を中止した日でした
あの日は午前中に親戚の告別式があり、午後から特養に行く積もりでした
ところが少しの胸焼け症状と微熱があり、シンドかったのです
特に微熱が気掛かりで、万が一インフルエンザにでも罹っていたら、特養にも迷惑が掛かると面会を断念したのでした
もしも予定通りに面会に行っていたなら、転倒事故を防げたに違い無いと思うと、悔やんでも悔やみ切れません
さて検査の結果は、第12肋骨と第1と第2腰椎の圧迫骨折だという事です
安静にさえしていれば痛みも無さそうなのですが、また環境の変化で認知症が進むのでは~と悩ましい限りです
残念ながら、去年の5月18日に逆戻りしてしまいました

写真は、MRI検査室

この記事へのコメント