孫の付き添いではありません

画像

今日の歩数……4504歩
今朝の血圧……140―89
今夜の血圧……128ー77
今年はインフルエンザワクチンが不足していて、いつもなら11月中には接種するのが、今日やっと行って来ました
初めて行く病院で、しかも小児科です
実は、心斎橋のワインバー『バル・マスタード』のご主人の後輩が、たまたま我が家の近くに開院した小児科なのです
バル・マスタードのマスターから『何かあったら利用してやって下さい』と言われたのですが、我が家に小児科にお世話になる様な子供は居ません
その事を伝えると、『大人でも診てくれるんです』と言われ、それならと初めて行って来たのです
古民家の一部をリノベーションしたお洒落な創りで、『こどもクリニック』の看板が、大人が入るにはハードルを上げています
中ヘ入ると、想像以上に小児科に特化していました
明るい院内は子供の遊びスペースが作られ、待合室の椅子も病院の椅子らしくはありません
看護師さんや受付の女性達は、全員お揃いのカラフルな水玉模様のエプロン姿で、どう見ても病院と言うよりも幼稚園の様です
そんな雰囲気の受付に行くのは、まるで孫の付き添いで来たオジイちゃんみたいです
おずおずと、受付に『インフルエンザワクチンの予防接種で、大人ですがぁ~』と伝えると『はい、大丈夫ですよぉ~』と対応してくれました
待合室から、次の部屋ヘ通されると可愛い縫いぐるみの人形が沢山並べられ、自分が場違いな所へ来ている事を思い知らされます
診察室に通され、女医の院長が何か言う前に『バル・マスタードの~』、『怪しい者ではありません』と、まるで言い訳をする様に説明をしました
すると『主人の先輩がバル・マスタードのマスターなんです。良かったら、薬局に主人が居ますので、帰りに寄って行って下さい』との事でした
予防接種が済んで、看護師さんが薬局に案内してくれ、副院長で薬剤師のご主人を呼んで来てくれました
経緯を話すと、ビックリしながらも喜んでくれて『次は、バル・マスで逢いましょう』と言いながら、カレンダーをプレゼントしてくれたのでした
何はともあれ今年も、遅ればせながらインフルエンザワクチンの予防接種の完了です
予防接種をしたから、絶対にインフルエンザに罹らないと言う保証はありません
日頃からの、自衛策が必要です
インフルエンザは、咳やクシャミの飛沫を吸い込んだり、ドアノブ等に付着したウイルスが、手を介して体内に入るのが感染ルートだと言われています
外から帰れば、手洗いとウガイです
体力維持の為に睡眠と食事をシッカリ取り、加湿器の設置も有効的です
外出時には出来るだけ人混みを避け、マスク着用で防御に努めるべきですねぇ

写真は、こどもクリニックの入り口と待合室、縫いぐるみ達

画像
画像

この記事へのコメント

キムちゃん
2017年12月29日 10:00
インフルエンザに罹る前に予防接種を受けることができて良かったですね。
我が家は予防接種受ける前の今月初めに先ず私が罹患した後、妻にもうつしてしまい散々な目にあいましたよ。
来季は早めの予防接種を心掛けたいと思います。
コアラ
2017年12月29日 11:47
キムちゃん
お久し振りです
そうですか、早々とインフルエンザにヤラれてしまいましたかぁ
辛かったでしょう
特に、奥様にウツしたのはマズイねぇ!
お詫びの代わりに奥様孝行して下さい(笑)
寒さはまだ、これからですから気を付けて!(大阪より寒い所にお住まいのキムちゃんに言うてもアカンわなぁ)