いざ広島へ

画像

今日の歩数…… 19706歩
今朝の血圧……137―82
今夜の血圧……137ー88
今日から広島への旅行です
天気予報では朝から大雨の予報が、新大阪までは傘要らずでした
新幹線が福山を通過した頃から、車窓に雨粒が当たりだしました
広島は、44年前に社会人1年生のスタートを切った想い出の地です
早朝から深夜まで、しかも公休返上で残業手当も付かず代休消化もせずに良く働きました
当時は『ブラック企業』なんて言葉は有りませんでしたが、組合も無く会社の言うままに働かされた典型的なブラック企業でした
今は、立派な優良企業ですよ~たぶん
ほとんど良い想い出は有りませんが、『ここを辞めても此処より酷い会社は無いだろうし、例えあっても2年間もやり通せたのだから、何処でもやって行ける』と言う変な自信だけは付きました
さて新大阪を8時台の早い新幹線で出発して、広島駅前のホテルに荷物を預けて懐かしの広島の街を探索です
生憎の雨ですが、雨もまた楽し~です
まずは、広島城~平和記念公園と新しい原爆資料館、そして当時は無かった公園から宮島への航路で安芸の宮島ヘ行きました
厳島神社では、ちょうど茶道表千家による献茶会が行われていて、全国から着物姿の茶道愛好家が750人も集まり、家元のお点前や茶席を堪能していました
どの場所も当時は取材で何度も訪れた所ですが、44年も経つと新鮮です
特に、原爆資料館の展示は何時見ても涙を誘います
40数年前の来館者は日本人がほとんどでしたが、今日は外国人観光客が目立ちました
人類初の被爆の惨状を、海外の多くの人に知って欲しいものです
たまたまノーベル平和賞を『ICAN』が受賞した日に、原爆資料館を訪れたのは印象に残りました
さて、ちょっと遅めのランチは、航路での宮島でした
宮島なら穴子メシか牡蠣ご飯が定番ですが、あえて変化球で宮島牡蠣と牛スネ肉のラグースパゲティでした
ちょうど干潮で大鳥居まで歩いて行けたのはラッキーでした
市内に戻り、ホテルで一服してから40年振りの流川探索でした
広島名物の、薄い生地と大盛りのキャベツのお好み焼きで、広島の初日は終わりました

写真は、広島のいろいろ

画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント