効果的な神頼みのタイミングとは???

画像

今日の歩数…… 7478歩
今朝の血圧……132―81
今夜の血圧……130ー81
朝から雨が降り続きました
この時期の雨は『一雨一度』と言われ、雨が降る度に気温が一度づつ下がって行くのだそうです
さて10月は、全国の八百万の神様が、一部の留守神様を残して出雲大社へ会議に出かけてしまう月です
その為、神様が出かけてしまう国では神様がいないので『神無月』、反対に出雲の国(島根県)では神様がたくさんいらっしゃるので『神在月』となります
年に一度、出雲大社に集まった神様たちは、人の運命や縁(誰と誰を結婚させようか)などを話し合うのだそうです
実に不思議な御縁で結婚するようなことがありますが、それも神様達のこの会議の結果なのかもしれませんね
中には『神様の悪戯』で、恋愛ドラマの様にロマンティック&ドラマチックな恋物語も有るのでしょうね
その為、出雲大社は縁結びの総本山でもあります
また、来年の天候、農作物や酒の出来なども話し合われているそうです
と言うことは、神様へのお願い事は9月までにしなければいけない事になりますねぇ
今月に入ってから神様にお願いしても、神様は留守なんですから願い事を聞いてすら貰えません
神様へのお願いは、お正月の初詣が一般的です
でも、あんなに大勢の善男善女が三が日に纏まってお願いをするのです
いくら神様でも、そんなに一度にお願いされても聞き逃したり忘れたりする事があるかも知れません
神様に願いが通じ易いのは、9月の末が良いと思いませんか
今年は間に合いませんが、来年から神頼みは9月の末のタイミングが良いようです

写真は、神様達のコンベンションホール出雲大社

この記事へのコメント