人の縁とは不思議なモノです

画像

今日の歩数…… 9820歩
今朝の血圧……139―87
今夜の血圧……107ー65
ずいぶん前に『地酒の会』と言う異業種交流会の様なモノが有りました
ここで僕は、人生で掛け替えの無い方々と知り合う事が出来たのです
その地酒の会は、余りにも会員が増えすぎて解散をしてしまったのは、もう20年ほど前でしょうか
暫くして、僕が呼び掛け人となって『地酒の会Part2』を作ったのですが、そのウチ本業で責任の重い役を仰せつかる事になり、時間的に厳しくなって他のメンバーが世話役を引き継いでくれました
今では『楽酒の会』と名前を変えて、毎月1回の例会は続いています
リタイアしてからは、参加する事も出来たのですが、世話役の2人以外はメンバーも入れ替わり、初対面の方々ばかりで戸惑いが有り足が遠のいてしまいました
これが現役の若い頃なら、積極的に見ず知らずの人の胸に飛び込んで行けたのですが、今となっては面倒が先に立ちます
これが、もしかしたら『老化』なのかも判りません
でも今夜は、母親の介護が終わってから例会が行われている店ヘ行きました
当然『楽酒の会』もお開き間際、終了間際です
今回、終了間際にも拘わらず駆け付けたのには、理由が有ります
世話役の1人が、南太平洋のパプアニューギニアでのボランティア活動から帰って来たのですが、旅先で隊長のMさんが病死したというショッキングな連絡があったのです
Mさんは地酒の会とは全く関係の無いところで知り合い、大いに憧れる存在だったのです
Mさんは、阪大卒業後に大手建設会社に入社したものの10年後には退社してヨットでの世界周遊の旅に出て、その後もオートバイによるパプアニューギニア横断など冒険家やスローライフの提唱者として活動していました
パプアニューギニアの現地人が、今だに月と星の動きを基に生活している事から、日本で115年ぶりに『旧暦カレンダー』を企画考案して発行していました
その頃に知り合い、番組ゲストに『旧暦カレンダー』の話を何度かしてもらったのです
毎年ボランティア活動でパプアニューギニアヘ行っていたのは知っていましたが、数年前に楽酒の会の世話役の1人が『パプアニューギニアヘボランティアヘ行く』というので、もしや~と訪ねたらMさんが隊長だというのです
世間は狭いものです
こんなところで、コチラの知人とアチラの知人が繋がるのです
旅先での病死というのは余りにもショックだったので、詳しい話を聞こうと駆け付けた次第です
パプアニューギニアで倒れた時に、医療関係者もボランティアに参加していて、病院に着くまで蘇生処置を続けたけどダメだったとの事でした
来月、四十九日が終わってから『お別れの会』を開くようで、その時に改めてお別れに行く事にしました
しかし、人の縁とは不思議なものです
アチラの知り合いとコチラの知り合いが繋がったかと思えば、今夜はミュージシャンのオオザカレンジのKEISUKEさんが参加していて、笑福亭銀瓶さんとの縁で繋がってしまいました

写真は、楽酒の会の今月のお酒(大好きな梅乃宿も在り、ラッキー)

この記事へのコメント