酒ではなく、甘味でお茶を酌み交わす

画像

今日の歩数…… 6760歩
今朝の血圧……145―90
今夜の血圧……134ー76
今日から10月です
8月に御見舞に来た、横浜の兄夫婦がやって来ました
兄は前回の来阪の際に、暑さの為か体調を崩し、その後もスッキリしないと言うので心配していました
本来なら9月に1人で来ると言っていたのですが、来阪が10月にズレ込んだのは体調のせいの様です
しかも『1人で大阪まで行く自信が無いので』と、夫婦での来阪になったようです
100歳の母親も心配ですが、兄の年齢(78歳)を考えたら、そちらの方が気掛かりです
今回の来阪に際しては、事前に『アルコールは飲みません(飲めません)から』とメールが来ていたのも、よほど調子が悪いのだろうと察しがつきます
14歳も年齢が違うと、兄弟喧嘩にもなりません
僕が物心ついた頃には大学生で、たまに我が家ヘ来る『他所のオジサン』という感覚でした
人見知りの僕は、兄が帰省してから懐くまで1~2日ぐらい掛かっていました
その代わり、一旦慣れてしまえば、何でも出来るスーパーマンの様な『兄ちゃん』にベッタリでした
正月の凧揚げや独楽回し、夏の水泳など、何をやらせても凄いのです
今から考えれば、4~5歳児相手に大学生の兄は、それこそ『赤子の手を捻る』様なモノだったのでしょう
それにしても、大学生が4~5歳児の遊びに付き合うのは大変だったと思います
あれから60年の年月が経てば、お互いに『老人』と呼ばれる年齢になってしまいました
横浜と大阪に離れて住んでいれば、逢うのは年に数回です
男兄弟で美味酒を酌み交わしたいところですが、体調の為にアルコールを抜いていると言うことなので仕方有りません
手土産の横浜銘菓『ハーバー』をサカナにお茶を飲むしか有りません

写真は、横浜銘菓のハーバー

この記事へのコメント