畑のつづきが近くに在るのは有り難い

画像

今日の歩数…… 8439歩
今朝の血圧……143―81
今夜の血圧……129ー78
家の近所に、『農産物直売所 まちの駅 畑のつづき』というのが在ります
地元生産者の方が丹精込めて育てた野菜・果実・花き類や、ワインや味噌等などの各種加工品などを販売するJAの直販場です
販売されている全ての野菜や果物には、生産者の名前がしっかり記入されています
値段は青果物卸売市場の仕切り値や、近所のスーパーのチラシ等から決定しているのだそうで、近所のスーパーより安いのです
個人で作っておられる生産者さんが、直接お店に持ち込むので、流通料がかからないのも安くなる理由です
もちろん生産者さんからの直接入荷なので、収穫したてで新鮮です
スーパーに並んでいるものよりやや小さかったり、形がイビツなものもあリますが、しなびた野菜は一つも並んでいません
新鮮そのものです
使用農薬についても厳しくチェックして、安全で安心な農産物が並んでいます
午前と午後に売上げ状況を、各生産者さんにメールで知らせて入荷量を調節するなど細かい仕入れをしているらしいのですが、午後に行くと8割方は売り切れになっている事が多いのです
地元の農家が直接持ち込み、消費者と繋がっている文字通り地産地消なのです
昔は、野菜よりも肉類主体の献立でしたが、最近は野菜が美味しく感じられる年齢になりました
事実、野菜の味は昔の野菜より美味しくなっている気がします
安くて美味しい野菜の直売所が近くに在るのは、とても有り難い事です
今朝、開店の9時半前に『畑のつづき』の前を通ったら、買い物籠をぶら提げた人たちが長蛇の列を作っていました
ザっと数えてみると100人ぐらいは居ましたかねぇ
そりゃ、直ぐに売り切れになる筈です
やっぱり、年齢層は高い様に思いました

写真は、シャッターが開きかけた『畑のつづき』の開店を待つ人達

この記事へのコメント