付き合うと、長くジックリのタイプです

画像

今日の歩数……9108歩
今朝の血圧……155―85
今夜の血圧……123ー69
自動車の運転免許を取得したのは、大学3回生の夏休みでした
特に車が好きで免許を取得した訳ではありません
大きな理由としては、就職には無いよりは持っていた方が有利だろうと思ったのです
初めてのマイカーは、中古のカローラ16万円を14万円に値切った記憶があります
14万円の車でも、家族4人の買い物や行楽には充分に貢献してくれました
後年、会社の同僚が奥さんに内緒で、フェラーリのミニチュアに何とボーナスの一部30万円も注ぎ込んだ事を聞き、コンコンと説教してやりました
何しろ、その奥さんは僕が同僚に紹介して結婚したのですから、少なからず同僚の金遣いの粗さには責任を感じていたのです
同僚の言い訳としては、『でもね、これは実物のフェラーリを忠実に再現していて、ドアも開くしライトも点く精密さなんやでぇ』
それに対して、僕は『じゃあ、その30万円のフェラーリのオモチャで買い物に行けるのか?家族4人で行楽に使えるのか?』
まぁ浮世離れした御仁には、馬の耳に念仏でしたがねぇ
因みに、この同僚は本物のフェラーリ、しかもクラシックタイプのフェラーリを持っていました
奥さんは『フェラーリも良いのですけど、夏場は暑くて』
クラシックタイプのフェラーリはエアコンが付いていないのだそうです
中古の値切って14万円のカローラでも、エアコンは付いていたぞ(もうエエか
さて14万円のカローラからスタートした我がマイカー遍歴は、その後は新車ばかりで7人乗りのプレーリー~荷物が沢山積めるカローラツーリングワゴン~コンパクトな外車仕様のシボレークルーズ、途中では遊び用にセカンドカーとして軽自動車のスポーツカーホンダ・ビートにも乗っていました
因みにビートはマニュアル車でしたが、教習所で習ったマニュアル運転は何年経っても身体で覚えているものですねぇ
このビート、色は真っ赤で2人乗りのオープンカーでした
僕は新しい車にどんどん乗り替えるタイプでは無く、トコトン最後まで付き合うタイプです
これは人間関係も同じで、男女を問わず1人の相手とは長くジックリ付き合うのです
最初の中古車とビートを除いて、どの車も10年前後は乗っていました
シボレークルーズは13年も動いてくれましたが、事故さえ無ければまだまだお世話になる積もりでした
13年間の走行距離は、54891キロでした
普通車の平均年間走行距離は、10000キロ弱と言われていますから、13年で54891キロの走行距離は平均の半分以下ですよねぇ
シボレーの前のカローラは、1年足らずで20000キロを超えていたのですから、使い方が根本から違いましたねぇ
何しろカローラに買い替えた頃は、毎日の走行距離が70キロ~100キロ前後もあったのですから当然ですねぇ
さて、廃車手続きをしたシボレーに代わる、新しい車を探さなければなりません
マイカーを持たなければならないのも、あと数年ですので新車は不要です
そこで、40年ぶりに中古車を物色しました
流石に14万の車は在りませんが、中古車とは思えないほど綺麗な状態の車が沢山並んでいるのにはビックリです
さて縁あって我が車遍歴の掉尾を飾るのは、どの車になるのでしょうか

写真は、中古車センター
画像

この記事へのコメント