人間、誰しも『外面如菩薩内面如夜叉』の部分はあるのです

画像

今日の歩数……13413歩
今朝の血圧……129―73
今夜の血圧……146ー88
関西空港で行われた『関空旅博』で、セミナーの参加者やブースを訪れた方々からアンケートにご協力いただきました
今度は、そのアンケートの有効活用です
勿論アンケートには、個人情報保護法に鑑み、『頂いた情報は当方からのご連絡とアンケート結果の分析以外には使用しません』の文言も明記して有ります
『当方からのご連絡』はあらかじめ謳ってあるので、集まったアンケートを手分けして、LSCへの入会を促す為に連絡をしました
僕の担当は8人です
その内の4人はメールアドレスが明記して有りますので、メールで『LSC関西のホームページURL』を案内し、最新の『ホットニュース』を添付しました
4人共、エラーで返って来てはいませんので、チャンと届いている筈です
後は、先方からのアクションを待つだけです
後の4人はメルアドが書いてなく、電話番号しかないので直接電話するしか有りません
所謂テレフォンアポインターです
これは、かなり気を遣います
リタイアしてから在宅率が高くなると、一日中いろいろな勧誘の電話が掛かって来ます
もしも『オレオレ詐欺』から掛かって来たら、誘導して警察に通報してやろう~と手ぐすね引いて待っているのですが、掛かって来ませんねぇ
さて、アンケートに電話番号しか書いていない4人に連絡すると、その内2人は、『興味は有るが、まだ現役で実際のロングステイは先なので』とヤンワリと拒否です
こんな時は、しつこく食い下がると逆効果になりますので、LSCのホームページを案内して速やかに退散しました
後の2人はコールするのですが繋がらず、留守電にもなりません
仕方なく、後で再コールしようと思っていたらコールバックが有りました
鳥取在住のご夫婦でセミナーに参加された方でしたので、『セミナーの当日、喋っていた者です』と言えば、思い出してくれました
アメリカでのロングステイに興味があるのですが、まだ54歳の現役で入会は先になりそうです
ホームページの案内をして『よろしければホットニュースを送りますので、ご住所を』と尋ねれば、教えてくれ、早速ホットニュースをプリントアウトして郵送しました

さて、ここからはテレフォンアポインターのアルバイト経験がある知人から聞いた話です
テレフォンアポインターには、その日に電話を掛けるノルマのリストが手渡され、ひたすら順番に掛けまくるのだそうです
ほとんどが『結構です』と電話を切られる事の方が多く、ストレスが多い仕事だそうです
あるとき偶然にも、お知り合いの名前が電話リストに載っていたのだそうです
『声でバレないかなぁ』~と、意識して声を変えて、お知り合いの家へコールすると、けんもほろろに電話を切られたのだそうです
いつ逢っても、清楚で上品で優しく穏やかな若奥様が、まるで別人のような口調に変わったのにビックリしたそうです
その後、近所で逢っても『実は~』と言う訳にも行かず、普通に会話を交わすのですが、それはそれは清楚で上品で優しく穏やかないつもの物腰で、あの電話の向こうの主とは思えないのだそうです
知人は、『あの人の本当の姿は、いったいどっち?』と悩んでしまったそうです
外面如菩薩内面如夜叉~と言うでは有りませんか
友人知人の前では淑やかな方も、見ず知らずの電話勧誘の担当者には冷たく恐ろしいのです
ここからは、このエピソードから学んだ事です
最近は家の電話は留守電に設定していて、滅多に出る事は有りません
でも電話に出る時は、知人のエピソードに有るように『断る電話には、より丁寧に』を心懸けているのです

イラストは、テレフォンアポインターのイメージ

この記事へのコメント