喉元過ぎれば熱さ忘れる~年に1度の点検日

画像

今日の歩数………4327歩
今朝の血圧、134-83
今夜の血圧、124-81
今日から9月、今日1日は『防災の日』です
大正12年9月1日に起きた関東大震災と、二百十日で台風などの災害が多い時期なので、防災意識を高める為に昭和35年に制定されました
関東大震災の後も、地震大国日本は沢山の地震に見舞われました
中でも平成7年1月17日の阪神淡路大震災と平成23年3月11日の東日本大震災は身近な大地震であった事や被害の甚大さで記憶は鮮明です
防災の備えは、常日頃から危機意識を持って準備をしておく必要が有ります
そこで非常持ち出し品のリストをまとめてみました

【防災リュックの中身/ひとりぶん/3日ぶん】

● 水 500ml×4本ほど (2L入りより持ち運び良くリュックの中でかさばらない)

● 「手回し型」携帯充電器&ライト&ラジオ&サイレン(オールインワンでなくても、電池式でなければOK)

● 乾電池(でも乾電池には頼らない。災害が起こると電池が最初に売り切れるから念のためストックを)

● 現金(小銭も)、保険証・免許証のコピー(災害時は通帳・印鑑なしで出金できるが身分証明は必要)

● 厚手レジャーシート(防雨、防寒用。ウラがアルミだと暖かくてなお良い)

● 知人の連絡先をまとめたアドレス帳(携帯のアドレス帳は、バッテリー切れ等であてにならず)

● 食事 カンパン、カロリーメイト、飴、缶詰など(缶切り不要の、日持ちするもの)

● 水タンク 10Lくらい

● 軍手 (防寒ほか、危ないモノから守る) 

● マスク(感染予防)

● ウエットティッシュ(水がない時、風呂に入れない時に)

● バンソーコ、ガーゼ、普段使っている薬etc



【あると便利と思うもの】

ラップ・・・ケガやヤケド時に巻いて密閉し、細菌を防ぐのに重宝するだけでなく、食料小分け保存時や食事の時の皿としても。

カイロ・・・冬場は必須。冬場でなくとも夜間は寒い。

あくまでもベーシックな物で、それぞれの家庭の事情で加えるべきグッズもあるでしょうねぇ
備えあれば憂いなしです
でも、人間はややもすると『喉元過ぎれば熱さ忘れる』となります
1年に1度、9月1日の防災の日に、非常持ち出し品の点検をする事を習慣付けるべきですねぇ

写真は、我が家の非常持ち出し品
(写っていませんが、靴下や靴、笛、紐などが入っています)

この記事へのコメント