気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 職住近接は、奥さんのON〜OFFが無い

<<   作成日時 : 2017/05/10 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日の歩数……6654歩
今朝の血圧……139―83
今夜の血圧……118ー64
近所の内科医へ、血圧の薬を貰いに行って来ました
前回、初めて行ったお医者さんで御自身も大病を経験しているので、患者の気持ちに寄り添ってくれそうで受診を決めた内科医です
診察は8時半からなので、少し過ぎて行くと一番乗りでした
白髪の受付嬢()に診察券を渡すと、『少々お待ち下さい』と言いながら、受話機をとって『診察です』と小声で喋っているのが聞こえました
しばらくすると、奥のドアが開き隣のドアを開けて先生らしき後ろ姿が消えて行きました
すると間もなく名前を呼ばれて、診察室に通されました
簡単な触診と、持って来る様に言われていた『人間ドック』のカルテを渡し、説明を受けて、血圧降下剤アムロジン30日分を処方されて終了です
会計と薬が出来上がるのを待合室で待っていると、やはり先生が先程の動線を逆戻りして行きました
たぶん患者が居ない間は、隣の部屋か2階の自室で寛いでいるのでしょうね
間もなく初老の患者さんが来院して診察券を渡すと、受付嬢()が先程と同じように受話機を上げて小声で患者の来院を報せているようでした
案の定、先程の奥のドアが開き隣のドアに消えて行くと、程なく患者さんが診察室に呼ばれていました
いわゆる典型的な『職住近接』です
でも、一番仕事をしているのは、白髪の受付嬢(たぶん奥さん)の様な気がします

そういえば、我が父親も淡路島と徳島県では会社の事務所の隣に社宅があり、ドア1枚の『職住近接』でした
いつも3時頃に休憩の為に自宅に戻って来るのですが、その直前に母親が伯耆で部屋を掃き清めていた事を思い出します
綺麗好きな父親が、少しでも畳がザラ付いていたら機嫌が悪くなるらしいのです
父親は事務所のドアを閉めさえすればOFFですが、母親は年がら年中ONの状態で、何時になっても『閉店ガラガラ』とはならないのです
近所のお医者さんの受付嬢兼奥さんも、年がら年中ON状態なのでしょうねぇ

写真は、受付嬢が居ない間に受付カウンターをパチリ
処方されたアムロジン錠

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
職住近接は、奥さんのON〜OFFが無い 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる