気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家の親、シッカリ知っとるがなぁ

<<   作成日時 : 2016/09/14 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

今日の歩数……10314歩
今朝の血圧……142―81
今夜の血圧……134ー76
2ヶ月に1度、歯医者さんに定期検診に行っています
次回の定期検診は、今月27日の予定でした
1週間ほど前から左側の下の奥歯に違和感が有りました
あくまで『違和感』だけで、特に『痛み』を感じる訳では有りませんでしたので、27日の定期検診の時にシッカリ診てもらえば良いだろうと思っていたのです
ところが、2〜3日前から左側の奥歯でモノを噛むと痛みを感じる様になりました
さらに昨日からは、何も噛まなくても痛みが有るのです
これはヤバイ
昨夜、診療時間が終わりかけギリギリに電話して、今日の予約を取って貰いました
いつも行っている『デンタルデザインクリニック』という歯医者さんは、複数いる歯科医師も歯科衛生士も『担当制』です
担当者が空いているのは夕方だったのですが、夕方はこちらのスケジュールが合いません
電話の向こうの受付嬢が言うには、『担当でなくて宜しければ、お昼の時間をご案内できます』って
こちらとしては、治してくれれば誰でも良いのです
まして担当制と言われても、いつもマスク姿の目しか見えない歯科衛生士のお姉さんです
どんなに美人かは知りませんし、治療中に交わす会話で特に親しくなっている訳でも有りません
確かに、診療が終わればオシボリを用意してくれて、マスクを取ってニッコリ笑顔で送り出してくれますが、例え道で逢っても覚えていない程度の関係です
今日は、担当よりも直ぐに治療をしてくれる人が優先なのです
担当でない歯科衛生士さんにクリーニングをして貰った後に、治療をしてくれたのは院長でした
結局、前々からダマシダマシ使って来た『親知らず』が原因でした
噛み合わせの調整をして貰い、薬を入れて貰って痛みも少し治まりました
院長が言うには、『痛みが完全に治まれば、親知らずの抜歯をした方が良いです』って
下手をすると手前の歯にも悪影響を及ぼしかねないので、抜歯を勧めるという事です
因みに親知らずの語源は諸説ありますが、かつて人間の寿命が50歳程度であった時代に、親が亡くなった後に生え始める歯として『親が知らない間に生える歯』、つまり『親知らず』という名称になったとする説が有力なんだそうです
僕は、上下左右4本の親知らずが生えていますが、我が家の親は、シッカリ知っとるがなぁ
晩ご飯でウッカリ左奥歯で噛みましたが、痛みは全くありませんでした
良かったぁ

写真は、歯科治療後のランチ〜食べ物を美味しく頂くには、歯の健康が欠かせませんねぇ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。お互い歯の事では悩まされ続けていますよね。これもまた現役時代の不摂生の後遺症なんでしょうが、いい加減に解放されたいものです。小生も今週末は二か月に一度の定期検診が待っています。
キムちゃん
2016/09/15 08:32
キムちゃん
久し振りです
歯は大事だねぇ
8020・・・・80歳で自分の歯を20本キープは目標だけど、そもそも80歳まで生きている保障はない

今年の北海道は、地震や台風の風水害で大変ですが、気を付けて、次回(何時になるやら?)の同窓会を楽しみにしましょう
コアラ
2016/09/15 09:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
我が家の親、シッカリ知っとるがなぁ 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる