気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 高血圧より劇症肝炎の方が恐いやん

<<   作成日時 : 2016/02/02 22:36   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

今日の歩数………14044歩
今朝の血圧、136−85
今夜の血圧、153−83
今日は月に一度の内科への通院でした
血圧の薬を処方して貰うのですが、少し前の新聞に気になる記事が載っていました
それによると『降圧剤で劇症肝炎〜2人死亡、16人に副作用』と言う見出しです
記事を引用すると……厚生労働省が、降圧剤として使われている『アジルサルタン』『アムロジピンベシル酸塩』の投与を受けた患者18人が横紋筋融解症などを発症し、うちアムロジピンベシル酸塩の投与を受けた2人が劇症肝炎で死亡したと発表した……と言うものです
僕が処方されている降圧剤は『アムロジンOD』です
劇症肝炎での死亡例は『アムロジピンベシル酸塩』です
似ているような似ていないようなぁ
先生に質問すると、『はい。同じ薬ですよ』って
年に一度は、健康診断の血液検査結果を渡しているのですが、『その兆候は現れていないから大丈夫』との事でした
同じ薬を長く服用する場合は、血液検査などで副作用の兆候がないか定期的に検査をする必要があるのだそうです
年に一度は必ず健康診断を受け、検査結果を内科医へ提出しているのです
劇症肝炎の副作用の危険性がある薬と分かり、初めはちょっとドキッとしましたが、今のところ問題は無さそうで一安心です
血圧が高いより、劇症肝炎の方が恐いですもんねぇ

写真は、アムロジンODの2,5?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お久し振りです♪
どんなお薬も、必ず副作用は少なからずあるので心配しますよね。
コアラさんは、年一度の検診(ドッグ?)は総合病院で!ホームドクターは近くの個人病院で!ってことでしょうか?
近年、各病院によって検査の仕方(内容)も予約の仕方もマチマチで(統一されていない)、私は非常にややこしく感じます(';')。

michiko mama
2016/02/03 14:45
michiko mamaさん
有難うございます
年に一度の健康診断は、市内の総合病院でやっています
去年は人間ドックだったのですが、いつもの総合病院は予約がかなり先
市立病院に至っては、『今年度の受付は終了しました』って
仕方なく大阪市内の病院を予約して行ってきました
毎年の健康診断は無料ですが、人間ドックは一部負担でした
でも、正規料金の1/4程度の出費で済みました
久し振りにバリュームも飲みました
コアラ
2016/02/03 22:45
そうなんですか。お互い、健康に留意しましょうね♪
michiko mama
2016/02/04 01:38
目指すはPPK
コアラ
2016/02/04 11:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高血圧より劇症肝炎の方が恐いやん 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる