気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐かしの銭湯巡り

<<   作成日時 : 2015/12/27 23:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日の歩数………11085歩
今朝の血圧、148−82
今夜の血圧、139−89
昨日、母親を整骨院へ送った時に、自転車に乗った年配の女性から、『おばちゃん久し振りです。お元気ですか』と声を掛けられました
最近の母親は隣近所の人の顔を見ても覚えていない事もあるので、そんな『久し振り』の人を覚えている筈が有りません
僕も見覚えが無かったのですが、『風呂屋です』と名のってくれて、初めて思い出しました
母親は両膝ともに変形膝間接症のために、人工間接を入れています
それ以来、我が家の小さくて段差のある内風呂に入るのは諦め銭湯を利用していました
もっぱら、我が家の近所のスーパーの前にあった銭湯を利用していましたが、定休日の時は駅の反対側の銭湯まで遠出していました
その場合は、車での送り迎えが必要になります
整骨院の前で声を掛けてくれたのは、その駅の反対側の銭湯のオバチャンでした
母親を銭湯へ送って、1時間ほどして迎えに行き、男湯の入り口から顔を出すと、番台に座ったオバチャンが、『おばちゃ〜ん、お迎え、来たよぉ』と脱衣場の母親に声を掛けてくれるのです
たまには僕も、銭湯の広い湯船に浸かる事も有りました
銭湯って、なかなか湯冷めをしないでホッコリするのですよねぇ
久し振りの銭湯のオバチャンの話では、既に2年前に廃業をしたのだそうです
母親の銭湯通いの後半は、近くのスーパーの前の銭湯は廃業し、さらに別の銭湯も廃業で、駅の反対側の銭湯に毎日のように通っていたのです
たまに休業日には、隣の駅近くの銭湯も利用していました
今日の車椅子散歩は、いつもの玉串川沿いのコースを外れ、『懐かしの銭湯散策』でした
まずは声を掛けてくれた駅の反対側の銭湯へ行ってみました
銭湯の建物と看板はそのままですが、入り口にはシャッターが降ろされています
シャッターが上がれば、『男湯、女湯』の暖簾が今にも出てきそうな雰囲気です
次に隣の駅近くの銭湯を目指しましたが、全く場所が分かりません
見えて来た煙突を頼りに行ってみると、営業時間前で準備中でした
銭湯の前の広い駐車場は、一部を残してマンションが建っていました
母親と想い出話を交わしていると、銭湯の前を掃除していた女性が、にこやかに見ているので、『この駐車場は、以前はもっと広かったですよねぇ』と尋ねると、『そうなんです。2年ほど前にマンションが建ったんです』と答えてくれました
我々の会話内容から、『以前、通っていたお客さん』と認識してくれた様です
子供の頃から内風呂で、小学6年生の修学旅行の時にお風呂へ入るのが恥ずかしかった覚えが有ります
銭湯が好きになったのは、母親の送迎をするようになってからですね
でも今では、どこの家も内風呂が当たり前で、銭湯も需要が無くなって来て経営も大変なのでしょうが、減っていくのは寂しいものですねぇ

写真は、駅の向こうの廃業した銭湯と隣の駅近くの銭湯前で

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
懐かしの銭湯巡り 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる