気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸時代から現代に通じる『健康十訓』という教え

<<   作成日時 : 2015/02/09 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日の歩数………5016歩
今朝の血圧、159−85
今夜の血圧、154−91
天気は良いのですが、風の冷たい事と言ったら有りません
今シーズン最強の寒波が来ているのだそうです
夕方には小雪も舞いました
インフルエンザは流行っているし、血圧は相変わらず高めの数値のままだし
リタイア後のいちばんの関心事は、健康に関する事になります
幾つまで生かされる命かは、神のみぞ知る……です
長生き〜と言っても寝たきりや認知症では家族や他人にも迷惑を掛けますし、本人も辛いです
まぁボケてしまえば本人は分からないからいいかぁ
目指すは、『PPK』です
PPKとは『ピンピンコロリ』の略で、コロリと亡くなる直前までピンピンと元気に暮らしたいのです
PPKを目指す為の心得、『健康十訓』を記しておきましょう

1.少肉多菜(肉を控えて野菜を多く摂りましょう)
2.少塩多酢(塩分を控えて酢を多く摂りましょう)
3.少糖多果(砂糖を控えて果物を多く摂りましょう)
4.少食多噛(満腹になるまで食べずよく噛んで食べましょう)
5.少衣多浴(厚着を控えて日光浴し風呂に入りましょう)
6.少車多走(車ばかり乗らず自分の脚で歩きましょう)
7.少憂多眠(くよくよせずたくさん眠りましょう)
8.少憤多笑(いらいら怒らず朗らかに笑いましょう)
9.少言多行(文句ばかり言わずにまずは実行しましょう)
10.少欲多施(自身の欲望を控え周りの人々に尽くしましょう)

これは、江戸中期に横井也有(西暦1702-1782)という尾張の武士で、国学者で俳人が書いたものだとされています
前半の1〜6は、健康のなかでも身体的な要素(食事をはじめとする生活様式)を、後半の7〜10は精神的な要素(気持ちの持ちよう)を謳っているようです
それにしても、健康に対する食事を含めた身体的要素と精神的要素は、200年以上も前から言われ続けていて、その内容たるや現代にもあてはまりますねぇ

ただ余談ですが、この健康十訓は横井也有が書いたのでは無いのではという説も有ります
そもそも江戸時代に、食べ過ぎる程の肉の食文化は無かったでしょうし、車がある訳が有りません
まぁ誰が書いたのかは別にしても、この『健康十訓』は理に叶った内容だと思いますから、出来るだけ見習いたいですねぇ

写真は、毎日つけている血圧手帳

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
江戸時代から現代に通じる『健康十訓』という教え 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる