気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS あれから8年、メンバーは多士済済

<<   作成日時 : 2014/09/20 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日の歩数………14957歩
今朝の血圧、128−89
今夜の血圧、103−69
晩ご飯をチョット早めに済ませ、大阪まで出掛けました
今夜は久し振りの『ゼロ六会』でした
『ゼロ六会』とは、外国人に日本語を教える『日本語教師養成講座』の勉強仲間との同期会の事なのです
こう見えても(どう見えてるのか判りませんけど)かつて、日本語教師を目指して勉強していた事もあったのです
余談ですが、最も日本語教師に向いているのは『日本語を母語としない外国人』……だと言われます
我々日本人は、少々の間違った日本語でも前後の言葉やニュアンス、それに表情で意味を理解しお互いに意志の疎通には事欠きません
外国人は、助詞の違いに敏感に反応するのです
具体的な例を挙げれば、『京都行った』と『京都行った』の2つの文章に、日本人は意味の違いを余り意識しません
外国人は、『へ』と『に』の違いにこだわり、『この意味の違いは何だ』…とシツコク聞いて来るのです
そんな『へ』と『に』の違いを学生と同じように感じ取れる感性は、日本人より外国人の方が優れていると言うのが、『日本語教師は外国人の方が適している』…と言う理由です
日本語教師は、『へ』と『に』の意味の違い、使い方の違いを明確に答えられなければならない訳です
さて、今夜は『ゼロ六』……つまり2006年に講座を卒業した仲間達との交流会でした
早いもので、卒業して8年も経つのですねぇ
一緒に卒業した仲間の中には、中国で日本語教師をしていた人が4人、フィリピン1人、ベトナム2人、国内で日本語教師をしている人が5〜6人は居るでしょうか
さらにボランティアで教えている人も大勢います
ベトナムへ行った男性はリタイアしてから講座に通い、『台湾に住みたい』が口癖だったのに、ベトナムの水が合ったのか7年目の教師生活です
中国で日本語教師をしていた女性は、すっかり中国の文化が好きになり、日本語教師の任期が終わって帰国してから改めて日本語教師としてではなく、留学生として北京で中国語を学びました
その時に北京で知り合ったスゥエーデン人と結婚して、スゥエーデンで暮らしています
人の運命って分からないものですねぇ
何処に出逢いや縁があるか、不思議なものです
タイミング良く、ちょうど今1歳3ヶ月の赤ちゃんとスゥエーデンから里帰り帰国中なのです
スゥエーデン人の旦那さんも、仕事がらみと育休で一緒に日本滞在中です
うまくスケジュールが合えば(特に赤ちゃんのご機嫌が良ければ)『顔を見せに行きます』と連絡が有りました
嬉しい事にサプライズで、親子3人で参加してくれたのです
あぁ〜久し振り
赤ちゃんも僕に抱かれても最初はご機嫌でしたが、少しすると『マンマァ』と泣き出しました
パートナーは、その後を引き継ぎご機嫌にアヤシテいましたねぇ
さすがぁ
国際結婚と言えば、彼女だけでは有りませんでした
フランス人と結婚して、現在イギリス暮らしの人、ドイツ人と結婚してドイツ在住の人も居ました
いやぁ〜ゼロ六会メンバーは、コスモポリタンで多士済済です
今夜の『ゼロ六会』の場所はスペイン料理の店にしました
永久幹事を仰せ付かっているので、日程調整と開催のの案内やら店の選択やらで結構忙しかったのですが、久し振りの『ご学友』に逢う楽しみで乗り切れるのです

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あれから8年、メンバーは多士済済 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる