気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 似て非なるもの

<<   作成日時 : 2014/05/03 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日の歩数………8086歩
今朝の血圧、139−86
今夜の血圧、131−86
今日は憲法記念日です
日本は法治国家ですから、法律で決められた事は日本国民として遵守します
国内の法律は勿論、国際的に決められた法律も当然ながら守ります
先般の国際司法裁判所の南極海の調査捕鯨に関する判決も、大いに不服ではありますが従わざるを得ないでしょう
大阪で有名な鯨料理の『徳家』は、女将の大西睦子さんのキャラクターと共に有名です
この徳家で行なわれていた落語会『徳徳寄席』が、ゴールデンウィークの興行を最後に閉館するのだそうです
やはり鯨肉が手に入らなくなっての廃業かと思いきや、そうではありません
南極海の鯨肉は、全体の20パーセント程だそうですから、直ぐに鯨肉が無くなる訳ではありません
値段が上がる可能性はありますがねぇ
鯨料理の『徳家』は、女将さんと共に健在ですが『徳徳亭』と言う寄席が無くなるのです
facebookで、『ぜんぜん予約が入っていません。来て下さい』と呼び掛けていたので、『落語家二人を助ける〜と思って』駆け付けました
本当は、入った事のない徳徳亭の雰囲気を、無くなる前に味わっておきたかったのです
それにしても強い陽射しで、半袖には紫外線が強烈でした
今日の徳徳亭は、桂咲之輔さんと笑福亭生寿さんの二人会でした
ネタ下ろしもあると言うので楽しみに行って来ました
本当に5日前までは予約がゼロだったそうですが、蓋を開けてみれば30人弱のお客さんで、キャパからすればマァマァの入りでしょう
今日の番組は……
二人でご挨拶(トーク)
咲之輔…時うどん
生寿……高津の富(ネタ下ろし)
〜仲入〜
生寿……七度狐
咲之輔…胴切り

同じ年に生まれて、同じ年に入門して血液型も一緒だけど、落語は全然似ていない…と言う二人の落語会、『生寿・咲之輔 似て非なる二人会』と言うタイトルの落語会でした
『徳徳亭』の上の『TRII HALL』では、同じ時間帯に『南光・南天二人会』という親子会をやっていました
師匠と弟子と言うのも、自然と口調や仕草が似たりしますが、やがて独自の味を出して非なるものになるのですねぇ
さらに、似て非なるもの〜を探すと……
刷毛に毛が有り、禿げに毛は無し
福は徳なり、河豚は毒なり
ハハは美容院、ババは病院
四四(シシ)は十六、爺(ジジ)は六十
人は茶を飲み、蛇は人を飲む
父に歯があり、爺に歯がなし
井上ひさし著書より抜粋

写真は、徳徳亭の高座
鯨料理、徳家の入口

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
似て非なるもの 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる