気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 明日の記憶と心の旅路

<<   作成日時 : 2014/05/19 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日の歩数………12373歩
今朝の血圧、136−66
今夜の血圧、137−92
新健康基準によると、今まで130未満と85未満だったのが、88〜147と51〜94となっています
じゃあ、今日も基準以内です
お昼ご飯を食べ終えると、母親はテレビを視ながらウトウト
放っておくと、昼夜逆転やら『身体が痛い』やら『しんどい』…と言いだすに違いありません
外の陽射しは、それほどキツく無さそうなので車椅子散歩に誘い出しました
3時過ぎからは相撲中継があるので、それまでには帰って来なくてはなりません
案の定、それほどの陽射しでは無かったのですが1時間半ほど車椅子を押していると流石に汗を掻きました
車椅子の上の母親とルンルンは涼しい顔ですがぁ
まぁ、出来るだけ外に連れ出せば、認知症予防にも少しは役立つでしょう
ところで、先日の新聞報道にあった、『認知症800万人〜行方不明者1万人』と言う記事にはビックリしました
さらに、『認知症で迷い人だった女性が、7年ぶりに夫と再会できた』…と言う記事はショックでした
女性は58歳で若年性アルツハイマーになったのだそうです
今回はNHKの放送が切っ掛けで、身元不明のまま群馬県の施設で保護されていた女性が、東京の自宅から7年前に居なくなった女性だと確認されたと言うのです
奇しくも、この日は41回目の結婚記念日だったそうですから、ドラマのような話です
58歳で若年性アルツハイマーの発症と言うのも身につまされますし、以前はニッポン放送でアナウンサーをしていた〜と言うのも身近に感じてしまいます
若年性アルツハイマーでは、数年前の渡辺謙主演の映画、『明日の記憶』を観た時も、『明日は我が身』を感じました
今回の女性は、警察が迷い人の照会文書に名前を書き間違えていて検索に合致せずにいたと言うのも腹立たしいミスです
それこそ『明日は我が身』を想定するなら、いつでも身元確認が出来る物を肌身離さず持っている必要がありますねぇ
何も、アルツハイマーや認知症だけでは有りません
突然の交通事故で記憶喪失にならないとも限りません
これは往年の名画、『心の旅路』のテーマでもありますねぇ
ところで、女性を7年間収容していた群馬県館林市は、この7年間の経費およそ1000万円は家族に請求しない事を決定したそうです
その一方で、認知症の男性が徘徊で電車にはねられ死亡した事故をめぐり、その時に掛かった振替輸送の費用や払い戻し金を、遺族に請求を認めた裁判所の判決が有りました
名古屋高裁は、91歳の妻に約360万円の支払いを命じ、長男には見守る義務はなかったとしてJR東海の請求を棄却しています
因みに一審判決は、妻と長男に請求通り約720万円の賠償を命じた判決でしたから半分に減額され、妻のみの監督責任となった訳ですねぇ
この裁判、両者共に上告しています
これも、いろいろ難儀な問題を抱えています

YouTubeは、『明日の記憶』と『心の旅路』
心の旅路は、最後の10分足らずのシーンなのに涙がこぼれます
このラストシーンだけで号泣してしまう僕は、変でしょうか
是非、『心の旅路』の全編をご鑑賞下さい



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
明日の記憶と心の旅路 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる