気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 17年熟成の珈琲って、どんな味

<<   作成日時 : 2014/02/21 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日の歩数………8176歩
今朝の血圧、139−80
今夜の血圧、162−106
大学生の頃、名曲喫茶の片隅で静かにブラックコーヒーを飲みながら紫煙をくゆらせる…そんな渋い大人の姿に憧れました
ところが実際の僕ときたら、クラシックは眠くなる、コーヒーは苦手、煙草の煙にはムセル……と真反対のタイプでした
最近は、ようやくコーヒーも飲めるようになりました
ただし、砂糖もミルクもたっぷり入れますがね
内祝いに、コーヒーメーカーを戴きました
美味しいコーヒーが我が家で手軽に出来ます
嬉しいなぁ
コーヒーと言えば、我が家の近くに全国のコーヒー愛好家が来ると言う有名な珈琲専門店があります
コーヒー好きの義姉達と一緒に、10年以上前に一度だけ入った事がありました
まず出て来たお冷やは、マイセンのグラスに入っていました
お薦めの『シルクロード』と言う珈琲を戴きましたが、器は勿論マイセンのカップです
因みに、灰皿もマイセンでした
普通のコーヒーとは一味も二味も違う濃厚さとまろやかさでした
当時、確か800円だったと思いますが、ネットで調べると今は1200円の様です
この店は、バンビーンと言うロータリーエンジンを載せたバイクと、日本に1台しか無いと言う、自動車エンジンを載せたドイツのミュンヒと言う会社のバイクが店内に交互に飾ってあり、真空管式のアンプで音楽が流れています
飾ってある陶器は古伊万里やマイセンで、見るからに高そうです
いちばん高いコーヒーは、『熟成樽仕込み氷温コーヒー17年物』と言うコーヒーで、お試しのティースプーン1杯で、1500円の値段です
飲んだ事はありませんが、珈琲と言うより貴腐ワインの様な味わいなんだそうです
これをコーヒーカップで飲んだら、○万円はします
たった20ccの珈琲を抽出する為に150グラムの珈琲豆を使うのだそうです
普通の喫茶店なら、カップ1杯分でも珈琲豆は10グラムぐらいが平均と言いますから凄いです
因みに、この店のコーヒーを飲みに行くなら、充分に時間のある時にして下さい
何しろコーヒーの抽出に4〜50分は掛かります
マスターの珈琲談義や、バイクや陶器の話題と中原中也の話を聞きながら、何時間も居座る客が多いのだそうです

写真は、内祝いのコーヒーメーカー
珈琲だけの店『ザ・ミュンヒ』の渋い正面と、やたら派手な側面の壁

画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
17年熟成の珈琲って、どんな味 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる