気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生で初めての中華料理は……

<<   作成日時 : 2013/12/29 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日の歩数………2670歩
今朝の血圧、147−94
今夜の血圧、138−96
人生で初めて中華料理を食べたのは、大学1年生の4月でした
かなり遅めの中華料理デビューでした
大学のクラブの帰りに、三条大橋の近くにあった中華料理店にクラブの同期生に連れて行かれたのです
それまで自宅で中華料理が出てくる事は無く、たまの家族での外食も中華料理が選択肢の中に入る事はありませんでした
理由は簡単です
父親も母親も、中華料理が嫌いだったからです
唯一、中華料理に近いのは受験勉強中の夜食に食べたインスタントラーメンですが、これは中華料理には入りませんよねぇ
とにかく、中華料理の初体験は大学1年の京都三条大橋の近くなのです
何しろ初めての中華料理で、何を注文して良いのかすら判りません
かと言って、まだ付き合いの浅い同期生に『中華料理、食べた事ないねん』…とカミングアウトする勇気は、18歳の僕には無く、友人がオーダーしたものを、『僕も同じの』…と乗っかったのです
友人がオーダーしたのは『中華丼』でした
初めての中華丼は美味しかったのですが、一つだけ困った事が有りました
具の中に入っていた小エビが、殻付きだったのです
エビの殻が、口の中で残るのです
この殻を出して良いのやら、そのまま食べるべきなのかが、中華料理初体験の身には解らなかったのです
友人の様子を盗み見ても、殻をどうしているのか解りません
結局どうしたのかは、よく覚えていませんが無理やり飲み込んだのかなぁ
連れて行かれた中華料理店が、『王将』だったのか『眠眠』だったのかは覚えていませんが、大学時代は王将にも眠眠にも大変お世話になりました
それから4年後、就職が決まって東京での3ヶ月間の研修中に中華料理店へ入ってビックリしました
頼んだ餃子の小さい事〜不味い事
王将の餃子の1/3位しかないのです
早く関西に戻って、『王将の餃子が食べたい』…と思ったのを想いだします
その王将での今回の事件は、ショッキングな出来事でした
あの事件以降、ブログやfacebookツイッター等々で、『追悼餃子』と言う、餃子や食事風景を投稿する人が増えているのだそうです
ただ、これには『人が亡くなっているのに不謹慎』と言う意見と、『追悼と応援で食べに行くのは不謹慎とは思わない』と賛否両論だそうです
食べに行く事で応援と供養を…と思う人が絶えないと言う事は、それだけ王将の事件がショッキングだった事と、王将にお世話になった…と思う人が多いのでしょうねぇ
一日も早く犯人を逮捕して事件の解明をして欲しいものです

写真は、王将の餃子(コーテル・イーガー)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
人生で初めての中華料理は…… 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる